2020.3.2 相場分析

相場分析

本記事は、私個人の相場の考え方を記録するために記載したものになり、エントリーを推奨するものではございません。
エントリーに関しては自己責任でお願いいたします。

励みになりますのでどちらか一つでもクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

基本的にTradingViewを使用して分析を行っております。
無料でも十分使えますので、登録がまだの方は登録をお勧めしますー♪
Hiro.はチャートが保存できるので、Proでやっています。

チャート上に出てくるゾーンやラインについて

赤色(1D)青色(4H)、 緑(1H)オレンジ(15M)、のチャートを見て作ったものになります。
強弱はオレンジで考えていてもらえればいいと思います!

赤、青ゾーンを基準にし、緑、オレンジゾーンでの動きを見ながらエントリーを行います。

スポンサーリンク

通貨の強弱

今月からは分析方法を変えます。取引高上位5位までの通貨の強弱を見ながら今日の通貨を決めていきます。 詳しくは↓↓

4H

JPY>EUR>USD>GBP>AUD

1H

JPY>EUR>USD>GBP>AUD

15M

EUR>JPY>AUD>USD>GBP

本日の通貨ペア

4H、1HよりAUD/JPY、15MよりEUR/GBPの通貨ペアを見ていきたいと思います。

本日の指標

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

本日は9:30にAUDの指標がありますね。
10:45の中国の指標も気になるところです。
EUR、GBP関係は17:15~18:30
月曜日なので、気を引き締めていきたいと思います。

AUDJPY

1D

一気に落とされていますね。
ひげもそこそこ出たので、どれぐらいまで返しが来るのかを確認してからのトレードにしたいと思います。

4H

下目線です。
前足が大きく戻されていますので、一度帰ってくるのを確認してからのエントリーにしたいと思います。

1H

下目線です。
一度下の赤ゾーンで返されていて、どれぐらいまで戻しが来るのかを確認しながらのエントリーになると思います。

15M

イメージは矢印です。超短期ならロング、日本の青ゾーン辺りの動きを見ながらショートといった感じです。

AUDJPY本日の戦略

本日は戻り売りを基本に考えています。現在の位置からは少し戻しが入ってくると思うので、赤矢印ぐらいのイメージでいます。上の青ゾーン辺りの動きを見ながら戻り目を付けてきたところでショートを入れていく感じで見ています。
上の2ゾーンを抜けてくると赤ゾーン辺りまで戻しが入ってくるかもしれません。

EURGBP

1D

大きく上げてきました。一旦ダウントレンドは終了で見ていきます。
今日か明日で戻しが入ってくるかもしれせんので、戻してくれたところを押し目買い狙っていきたいと思います。

4H

赤ゾーン届かずに青ゾーンで反発を見せています。
このまま抜けて上に行くのか、下に戻されるのかを確認したいと思います。

1H

押し目をこの辺りで押し目を作るのかどうか確認が必要ですね。
損切り浅めで、このまま伸びていくのを取っていくのもありかと思います。

15M

下の赤ゾーン辺りまで戻してきたところで押し目を作って上がっていくようなものを想像しています。

EURGBP本日の戦略

本日押し目買いです。戻ってきたところを押していく感じで考えています。
上のゾーン辺りでレンジを作って抜けていくようでしたら、そのあたりに戻ってきたところを押し目買い、下に戻ってくるようなら赤ゾーン辺りの動きを見ながら押し目買いといったところでしょうか。しっかり押し目が形成されてからエントリーするようにしたいと思います。

本日も宜しくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました