ライントレード

基礎知識

励みになりますのでよろしければどちらか一つでもクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ライントレードとは

ライントレードとはまさにチャート上にラインを引いてそのラインを基準にトレードする方法です。FXの基礎!!と言っていいほど誰でもすぐに実践できるものとなっています。

このライントレードと資金管理をマスターすれば必ずFXで勝てるようになるでしょう!(勝率100%という意味ではない。)というぐらい重要です。

ライントレードの認識

まず、チャートを見てもらいたいのですが、
ある一定のラインで何度か値が跳ね返っているところがあるのがわかると思います。
見つけたらそこに線を引きましょう。
はい。これで終わりです。簡単ですね(笑)

なんて思っている人は考え方を変える必要があります。

確かに何度も跳ね返っているところには何かしらの抵抗があるのは間違いないです。
ただ、そこはこれからできてくるチャートの右側でちゃんと効いてくるラインかどうかはよくわからないですよね。背景も知らずにラインを引いていればそうなってしまいます。

買われる売られるというのは2種類あります。
①新規の買いや売りの注文
②利益確定や損切りの注文

ラインはこの2種類の注文が集中する点を見つけるために引くのが目的です!
高値安値にただ引いているだけの人はこの2点は見えてませんよね?
結果的にそこにラインを引けてるかもしれませんけど、お金のやり取りなので、そういったところを意識していきましょう!!

しっかりラインを引けるように環境認識から始める必要があります。
環境認識の方法として大衆に意識されているのがダウ理論です。

ライントレードの方法

相場は上下に波打って動いていますが、上昇から下降、下降から上昇に転じる流れを変えたところに引く必要があります。

相場の流れを変えるには大量の資金が必要となり、相場の特徴として、流れを変えるために大量の資金を投入したポイントに戻ってくると、もう一度大量に資金が投入されるという特徴があります。

大きく流れが変わったポイント、つまり大きく値が動いた。。。もうわかりますよね?
このラインが引けるようになったらある程度相場の流れが見えるようになってきます。
お金の流れを意識しながらラインを引いてみてください!

あ、ラインとは言っていますが、もちろん帯のようなものと思っておいてください。
1pipsも違わずにばっちり返るラインなんて引けないですからね。
ひげ先に引くのと実体部に引くのでも変わってきますし、何ならひげ先から実体部までが帯みたいな引き方でもいいと思います!

こんな感じ!!
実際にここにライン(帯)を引いているわけでありません。
帯のイメージ画像です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました