2020.8.31 エントリーノート

相場分析

本記事は、私個人のエントリー時に考えていたことや決済までの記録を記載したものになります。
エントリーを推奨するものではございません。

励みになりますのでクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

基本的にTradingViewを使用して分析を行っております。
無料でも十分使えますので、登録がまだの方は登録をお勧めしますー♪
Hiro.はチャートが保存できるので、Proでやっています。

チャート上に出てくるゾーンやラインについて

赤色(1D)青色(4H)、 緑(1H)オレンジ(15M)、のチャートを見て作ったものになります。
強弱はオレンジで考えていてもらえればいいと思います!

赤、青ゾーンを基準にし、緑、オレンジゾーンでの動きを見ながらエントリーを行います。

スポンサーリンク

本日の指標

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

本日は
USDは22:00注意ですね。

USDJPY

スキャルピング練習用です。

環境認識

15M

USDJPY 15M

金曜日に大きく下落し、週足レベルでのゾーンにタッチしてきました。
週足レベルということで、ここはそこそこ固いとみています。
下落の戻り売りが入るにしても、フィボ引いて38.2、50、61.8辺りかなーとざっくり予想して、そこまでの反発が狙えそうなので、安値切り上げからのロングを狙っていました。

大きく上昇したロウソク足の実態からひげまでをゾーンとしてその辺りでの動きを見ながら攻めたいと考えています。

5M

USDJPY 5M

大きな上昇から落ちてきて、一度ゾーンを下抜けします。そして水平線にタッチ。そこから反発を見せてきたので、この辺りで安値切り上げからの反発を狙えそうだと考えました。

エントリー根拠

エントリー位置は黒線(赤丸)、利確位置は青線、損切位置は赤線で表示。

本日の履歴 更新15:00

下からエントリー1,2,3・・・

1 ロング+0.6pips

USDJPY 1M

ゾーンタッチから三尊できて、教科書通りのネックライン反発狙いました。
ネックラインからの反発陽線の出現確認してからのロングエントリー
とりあえずの目標はN値で設定していたが、E値も狙えるのではないかと考えていた。

損切に引っ掛からなかったのは、エントリーしてすぐ上昇したので、
一気に行ってくれるのではなかろうかと建値に移動したため。

すぐそこに長期MAがあったのでその辺りを抜けてからでもよかったかなー(ΦωΦ)

2 ロング+13.8pips

USDJPY 1M

ゾーンタッチからの逆三尊ができ、そこからネックラインを割れてきましたが、
安値切り上げてきたので、赤線のようなダブルボトムをイメージして、ダブルボトムのネックライン抜け確認からのエントリーです。
損切は直近の安値抜け。
目標は戻り売りが入る辺りをイメージしていましたが、E値達成辺りで動きが鈍ってきたのを見て手動決済。E値は下図参照。

3 ショート +4.0pips

USDJPY 1M

三尊狙いというよりはダブルボトムのネックラインでの反発確認からのエントリー。
上目線なので、自分の中では逆張りエントリー。
エントリー位置の二個前の陽線を1個前の陰線がほぼ消してきたので、ここからの上昇はあまり起きないと予想。次の足でエントリー。
小さくN値を狙った。&大きなダブルボトムとみたときのネックラインになるので、押し目買いも入るかと思いその辺りを目標にした。リスクリワードは良くないのであまりいいエントリーではない。
損切位置はダブルボトムのネックライン(直近高値)越え。

4 ロング -4.2pips

USDJPY 5M

大きなダブルボトムのネックラインのため、押し目買いを狙った。
小さなダブルボトムが出来そうだったので、小さな反発を確認してから期待も込めてロングエントリー。
目標は大きなN値、損切はネックライン越え。

見ている時間足に対して、狙っているものが大きすぎたかも。

5 ロング +12.1pips

USDJPY 1M

15Mで引いたゾーンの上限=実体部のラインにタッチで反発を見せた。
押し目買いポイントなので、反発からの直近高値更新をした高値越えを確認してエントリー

損切は安値越え。目標はN値

N値付近まで上昇したが、手前で失速したので、ダブルトップのネックライン越えを実体で確認したところで切り。

コメント

タイトルとURLをコピーしました