2020.1.9 相場分析

相場分析

本記事は、私個人の相場の考え方を記録するために記載したものになり、エントリーを推奨するものではございません。
エントリーに関しては自己責任でお願いいたします。

励みになりますのでどちらか一つでもクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

チャート上に出てくるゾーンについて

青色(4H)オレンジ(15M)緑(5M)のチャートを見て作ったものになります。
強弱は青>オレンジ>緑で考えていてもらえればいいと思います!

青色を基準にし、オレンジ、緑ゾーンでの動きを見ながらエントリーを行います。

スポンサーリンク

USDJPY

少し方向性が違う気がしたので、環境認識からやり直します。

1D

最後の上昇が下落を上抜けしていないので、日足単位では下目線で置いておきます。

4H

①の下落を②の上昇が上抜いてきたので、4時間足では上目線にします。

1H

①の下落に対し、②の上昇が勝ったので、この時点で上目線。
③の下落も安値を更新できずに戻ってきたので、赤丸辺りが絶好のロングポジションだったのではないかと思っています。

15M

赤丸の場所でロングができていれば大きく上昇を取れたのではないでしょうか。

5M

ばっちり上目線です。

本日の戦略

押し目買い。緑ゾーンでの動き、オレンジゾーンでの動きを見ながらロングエントリーをしたいと思っています。
オレンジゾーン抜けた後は下の青ゾーン辺りでロング狙います。

EURUSD

4H

②の下落を③の上昇が上抜けできなかったので、一旦下目線にしています。
ただ、①の上昇はした抜けできていないので、①の上昇が始まった辺りの動きは要注意です。

15M

下目線です。オレンジゾーンでの動きを観察します。

5M

短期ではダウが崩れているので上目線です。
戻り売りが始まる場所を探します。

本日の戦略

戻り売りです。5分で下落が始まるのを確認し、ゾーンでの動きを見ながらショートエントリーしたいと考えています。

GBPJPY

4H

➄の上げを⑥の下げが抜けず、➆の上げが上抜いていったため、上目線に切り替えます。

15M

真ん中なのオレンジゾーンできれいにロールリバーサル決めているので、エントリーしやすかったのではないでしょうか。

5M

5Mでも⑥の下げを上抜けしてきているので、上目線です。

本日の戦略

押し目買いです。オレンジゾーン辺りまで落ちてきてくれたらその辺の動き、このまま青ゾーンを抜けてきたら、もう一度落ちてきたときの青ゾーンでの動きを見ながらロングエントリーを狙っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました