2020.1.8 相場分析

相場分析

本記事は、私個人の相場の考え方を記録するために記載したものになり、エントリーを推奨するものではございません。
エントリーに関しては自己責任でお願いいたします。

励みになりますのでどちらか一つでもクリックをお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

チャート上に出てくるゾーンについて

青色(4H)オレンジ(15M)緑(5M)のチャートを見て作ったものになります。
強弱は青>オレンジ>緑で考えていてもらえればいいと思います!

青色を基準にし、オレンジ、緑ゾーンでの動きを見ながらエントリーを行います。

スポンサーリンク

USDJPY

15M

下落の起点になったのはオレンジゾーンでしたね。前回の下落点になります。
ロールリバーサルもばっちり決まって居すので、大きく利益取れた方もいるのではないでしょうか。

5M

一旦、青ゾーンで跳ね返されて、この下落に対する半値戻しをしたころで、反発を見せていますね!

本日の戦略

本日も戻り売りを基本にしていきたいと思います。上のオレンジゾーン辺りの動き、緑ゾーンの動きを見ながら青ゾーンでショートで入っていきたいと思います。

EURUSD

15M

大きな流れでは押し目買いを狙っています。上の青ゾーンは見事に下抜けされてしまいましたが、損切りのラインもはっきりしているので、エントリーしていても、建値もしくは微益で追われたのではないでしょうか。
一旦この青ゾーン内での戦いになるのでしょうか。このあたりを観察したいと思います。
15分では現在いるオレンジゾーンを下抜けしているので、一旦は戻り売り目線で考えています。

5M

オレンジゾーンを一旦上抜けしてきているので、短期では押し目買い目線です。

本日の戦略

本日は 5Mで見たときの上のオレンジゾーンを抜けるまでは戻り売りを基本に攻めたいと考えています。
超短期では高値を更新してきているので、このあたりから上の青ゾーン辺りまでの押し目買いはありだと思います。

GBPJPY

15M

下の青ゾーンで反発しています。上のオレンジゾーンを抜けるまでは下目線です。
このあたりか上の緑ゾーンまでは戻り売りを基本に考えていきます。
週足レベルでは上目線のままですので、下の青ゾーン辺りは注意が必要です。

5M

オレンジゾーンでの動きを観察中です。

本日の戦略

本日は戻り売りを基本にしたいと考えています。現在のオレンジゾーン、上の緑ゾーン、オレンジゾーン辺りの動きを見ながらショートしたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました